つりとがる
FFXI引退後のマイペースゲーマー日記。現在XBOX360とボードゲームにご執心。
201707<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | TB(-) Comment(-)  [ edit ]
自宅ボドゲ会090412
どっかの日曜でボドゲ会やろうと思ってたら、レアキャラたくやの都合がついたので緊急開催。

メンツ:C7、たくや、YUZさん、俺


スリードラゴン・アンティ

まずは3人プレイでしか遊んだことのなかったゲームの消化ということで、開幕はスリードラゴン・アンティ。ルールに関してはニコニコ大百科にまとめられているので、興味ある人は参照すると吉。

前回同様10ガンビット勝負。人数が増えたことで賭け金も増えるので、「ガンビットを勝ち取る」「単色編成で3人からゴールドを奪う」といった行為がより強力になったなぁというファーストインプレッション。

ところがぎっちょん、それらを行っていれば勝てるというわけでもなし。

賭け金が少なければガンビットを勝ち取っても消耗するばかりで利益は少ないし、単色編成を組んでも強度次第では効果も微々たるもの。勝負どころを考えながら立ち回り、降りる際には次以降へ繋がるよう力を蓄えることが重要になるわけで。強度的に弱いカードであったとしても、裏を返せば特殊能力を誘発しやすく、グリーンドラゴン以外の攻撃を受けにくいということになるので、決してゲーム的に弱くはなかったり。

で、今回のスコアまとめ。


1戦目席順:mtkn→たくや→YUZ→C7
2戦目席順:mtkn→C7→たくや→YUZ

各回のスコアを見るととても分かりやすい。勝つべきときに勝てば1戦目のC7のように最下位から一気に巻き返すことができるし、逆の場合は2戦目のたくやのように3連勝しながらも所持金が減ることもある。そして、ガンビットは2回しか勝利していないながらも、地味に稼いだ俺がトップになっていたり。

序盤の1~2ガンビットはカードの引きの良さが大きいけど、その先は周りの状況を予想しながら手持ちのカードで運を手繰り寄せる、というのが重要なのではないかなと。運を知恵で補い勝利を掴む、そんなゲーム。

あと、1戦のガンビット回数だけど、10ガンビット勝負じゃなくて、プレイヤー数×3ガンビットくらいでもいいと思った。10ガンビットの方が分かりやすいから採用するか分からないけど。
続きを読む>>
2009/04/12(日) 23:55:57 | ボードゲーム | TB:0 Comment:0  [ edit ]
自宅ボドゲ会090405
先日書いたスリードラゴン・アンティを入手。近場で見つからなかったので通販で探してみたところ、在庫アリのところでは楽天ブックスが送料無料で一番安かったのでポチった。「1~3営業日内に発送予定」で3営業日フルにかかったこともあり、土曜夜にメンバー集めをしての緊急開催。

メンツ:YUZさん、Uno、俺


スリードラゴン・アンティ

今回のメイン。ゲーム本体に掛け金として使う用の厚紙製チップが付属してるけど、ショボいのでクク(DX版)付属のチップを利用。クク自体はほとんど遊んでないけどチップは色々大活躍。

先日貼った紹介動画を見ればルールは分かると思うけど、基本は「最終的に3枚並べたカードの合計値が高い人が場の賭け金を得る」というシンプルなもの。ここにそれぞれのカードの持つ特殊能力や先を見越したプレイが絡み面白くなってくる。

手札の巡りが悪く降りる回だったとしても、場の賭け金を抜き取る能力で損を減らしたり、先のためにカードを補充する特殊能力を使ったりと、ただ役を作って勝利する、というだけにはならないのがポイント。

強力な特殊能力を使う爽快感と、場の流れを読む駆け引き要素がいい感じにまとまっている良ゲー。

最初は基本ルールの、誰かの所持金が0になったガンビット(マージャンで言う一局)で終了、ということで遊んでいたけど、2位がゲームを終了させないように最下位を助けるプレイをするとなかなか終わらないため、10ガンビット制限を加えたところ、なかなかいい感じに。プレイテンポも○。

発売した時はノーマークだったけど、これは当たりゲーム。いずれ4人以上で遊んでみたいところ。気分的にポーカーチップで遊びたいところだけど、本格的なのだと結構値が張るので悩みどころ。


夕方までずっとスリードラゴン・アンティを遊び、最後に何か軽いゲームということでポイズン。Unoが初プレイだったので、お試しとしてトータル得点計算はせず。これもまだ3人プレイしかしたことがないので、4人以上で遊ぶ機会を近日中に作ろう。
2009/04/05(日) 23:50:07 | ボードゲーム | TB:0 Comment:0  [ edit ]
ユーロサイズカードスリーブ
ユーロサイズカードスリーブ

昨日池袋のイエサブに行ったら、目的のスリードラゴン・アンティは売ってなかったけど、ブリッジサイズのカードスリーブ、ユーロサイズカードスリーブがあったので買ってきた。

このスリーブをドミニオンのカードに装着した場合、収納はどうなるのか王国カード1セットで試してみたところ、ギリギリながら箱の定位置に収まった。スリーブは薄目なので厚みは問題なんだけど、縦幅がカードより3mm大きいのがギリギリになる原因。あと、枚数の多いコインカードを全部スリーブに入れたら収納できないかも。

あとは小箱サイズのカードゲームによくある、ブリッジサイズより一回り小さいカード用のスリーブがあれば最高なんだけどなぁ。
2009/03/31(火) 23:58:06 | ボードゲーム | TB:0 Comment:0  [ edit ]
思惑に乗る。
何気なく見た以下の動画で気になってしまったゲーム。スリードラゴン・アンティ



以前ホビージャパンゲームBlogで紹介された時(英語版日本語版)は、TRPGから離れていたことや、どんなゲームかよく分からない(ネットでの情報も少なかった)ことからスルーしちゃってたけど、この紹介動画やその後続く対戦動画を見るとなかなか面白そう。シンプルながら駆け引きも楽しめるという印象。

うp主の思惑にまんまと乗せられ、なんかすごくスリードラゴン・アンティが欲しくなってきた。
2009/03/30(月) 23:53:49 | ボードゲーム | TB:0 Comment:0  [ edit ]
タブラの狼新版
高円寺0分タブラの狼の新版が販売されたことを知る。絶版となった第3版とすごろくや特製のタブラの友。を持ってるけど、新しいゲーム要素が入ったということで気になる。人数が必要になるゲームなので遊ぶ機会も限られるし、購入するか迷う。

それにしても2,600円って第3版の倍じゃないか。高くなったな。
2009/03/28(土) 22:49:02 | ボードゲーム | TB:0 Comment:0  [ edit ]
やらかす。
YUZさんとこの『計画D』のテストプレイに参加してくれないかと言われ、自宅開催。遠慮なく言いたいことを言ってしまった結果、途中険悪ムードになりかけたりもしたけれど、雨降って地固まる。概ね有意義なものになったかと。

モノを作るにおいて、コンセプトとターゲットはまず決めなきゃいけない。ゲーム作りではないけれど、モノ作って飯食ってる人間だからか、そこがしっかりしてないとキツイことを言ってしまう。意見を言うにしても、その辺はっきりしていないと空中戦になるばかりだし(ブレスト段階ならいいけど)。

結局のところ、明文化されていなかっただけで、心の中のサムシングとして存在していたコンセプトを引っ張り出せたので一安心。少しは役立てたと思いたい。

『計画D』、ドミニオンをベースにしながらも、YUZさんのやりたい方向性をテイストに、本家とは違った良さを持ったゲームになりそう。印象としては、勝利へのルートがドミニオンより柔軟に選択できる、といった感じ。もう詰めの段階なので、いいものに仕上がってくれることを期待。

公使

そして解散後、メビウスからドミニオンのプロモカード、『公使』が届いていたことを知る。アフターサポートまでしてくれてメビウス愛してる!と思うと共に、三連休の間郵便受けを見ていなかったことに後悔。気付いてれば連休中に遊べたのに。
2009/03/22(日) 23:23:19 | ボードゲーム | TB:0 Comment:0  [ edit ]
自宅ボドゲ会090320
YUZさんから開催希望の連絡が来たので、3連休はボドゲで始まることに。ゲームマーケット2009で出す作品(『計画D』)に絵師として参加する大学の後輩のMASATOが、一度ベースになってるドミニオンを遊んでみたいと言っていたことから。大学出てから○年会ってないこともあり、YUZさんとこのコメントで絡んでから遊ぶ機会作りたいなと思っていたのでナイスタイミング。

メンツ:YUZさん、Uno、MASATO、俺


まずはメインのドミニオン。ドミニオンですね。えぇ、ドミニオンです。

場に登場する王国カードによってゲーム展開が変わるとはいえ、淡々としたプレイ展開は変わらないので特筆事項なし。初心者がいるために加減をする意味で普段とは違った変な手を選択する余裕があったくらいか。

MASATOには好評。うん、最初遊んだ時はTCG的なプレイに慣れていれば「すげぇ!」「面白い!」と感じると思う。その後研究をしていった先、プレイが単調になりやすいことで評価を下げるか、対戦ツールとしての面白さを絶賛するかに分かれると思う。


ドミニオンを結構遊んだので、説明時間やプレイ時間がかかるゲームは避け、コロレットをプレイ。

前回YUZさんがカラーカードをアイマスキャラに例えていたことを話すと、MASATOもアイマス好きなので食いつき、全員ネタが分かるためにそっち系のノリでプレイ。

橙……やよい
青……千早
黄……亜美真美
灰……真
緑……律子
桃……伊織


茶……?

YUZ<茶色はいないね。
mtkn<茶色は赤に見立てて『春香』でいいんじゃない?
MASATO<ウンコー!(*゚∀゚)=3
mtkn<ウンコはねーよwww

なんて流れがあったりしながらも、結局茶色は『ウンコ』と呼ばれることに。いい年してウンコウンコ言い過ぎです。そんなウンコ言ってるとさ……

コロレット

逆さになったカメレオンがウンコに見えてきて困るw

写真(BoardGameGeekから拝借)だとそれほどでもないけど、実際に遠目に見るとウンコっぽく見えてヤバイ。目を細めて見るとそれっぽく見えない?

「ウンコいらねー!w」とか「○○にウンコは似合いますよw」とかアホなことを言いながら色々な意味で盛り上がり、楽しいゲームとなりました。それにしてもウンコウンコ書きすぎだ俺。


〆は王宮のささやき。シンプルで簡単に入れながら、駆け引きとジレンマで盛り上がれる。もちろんバリエーションルールで。
2009/03/21(土) 08:59:41 | ボードゲーム | TB:0 Comment:0  [ edit ]
ドミニオン日本語版発売日
ホビージャパンの40周年記念商品として発売されるドミニオン日本語版、既にドイツ語版を持っていることだし、ホビージャパンゲームBlogにも音沙汰なかったので気にしていなかったものの、YUZさんからの情報で3/25と知る。Amazonからの情報で2月下旬には判明していたらしい。俺遅すぎw

しかし、それよりも喜ぶべきこと。

ブリッジサイズ用カードスリーブが発売される!

ドミニオン合わせってことみたいだけど、これまで国内で普通にこのサイズのカードスリーブが売ってなかったんで、メチャメチャ嬉しい(i-OGMでは61㎜×92㎜を既に扱っていたみたい)。HJが扱ってるからには装着してもドミニオンの箱に収納できるくらいの厚さだろうし、期待。
2009/03/19(木) 07:36:49 | ボードゲーム | TB:0 Comment:0  [ edit ]
自宅ボドゲ会090222
最近色々忙しかったこともあり、部屋が荒れてきたので自宅ボドゲ会開催。こういう理由付けがないと部屋掃除を始めないのは自分のいけないところ。

メンツ:YUZさん、C7、俺


コロレット

お気に入りのボードゲーム、アクアレット(の基になったズーロレット)の基になったゲーム。いずれ遊んでみなければという思いと、先日YUZさんとこのゲームについて話したこともあり、今回用意。

1.山札からカードをめくり、トラックに配置する(1トラック3枚まで)。
2.トラックに配置されているカードを獲得し、ラウンドを抜ける。

を繰り返し、最終ラウンドカードが出た後に全員がラウンドから抜けたらゲーム終了。選択したカラーカード3種がプラス点、残りがマイナス点となり、点数計算をして勝敗を決めるというシンプルなもの。

サクサク進みながらも軽いジレンマがあり、テンポの良さから何度も遊べてしまう。そして、カードの得点計算が、(通常ルールの場合)同色1枚:1点、2枚:1+2=3点、……6枚:1+2+3+4+5+6=21点という跳ね上がり方をするため、多少のマイナス点となるカードを抱えても得点を伸ばす前向きなプレイが重要となり、これが何とも熱い。山札をめくる手にも力が入る。

初心者でも入りやすいだろうし、テンポよく遊べる良ゲー。ただ、選択ルールの得点計算カード裏面利用はビミョー(1プレイで「ごちそうさま」だった)。
続きを読む>>
2009/02/23(月) 06:39:33 | ボードゲーム | TB:0 Comment:0  [ edit ]
どミニオン090118
ドミニオン昨日に引き続きドミニオンYUZさんに加えUnoも参戦しての3人プレイ。

2~4人でプレイ可能なドミニオンですが、個人的には3人プレイが好き。4人プレイはダウンタイムが長いと思うし、2人プレイは面白いんだけどあまりにもガチ過ぎて疲れる。ということで第三勢力にも気を配る必要のある3人プレイがちょうどいいと。

UnoもTCGをやる人間なせいか、カードコンボを主体としたデッキが大好き。年の市が存在する場の場合はコンボを繋げて強いものの、それ以外の場になると俺とYUZさん2人の勝負になってばかり。昨日の2人プレイで得るものも多かった俺とYUZさんに比べ、大きく差がついた模様。

YUZさんが途中で歯医者に行ったため、その間に色々アドバイス。ラスレムの話に脱線したりしながら子一時間、結局2人プレイはせず。しかし、その甲斐あってかYUZさん帰還後はUnoのプレイングも成長。三つ巴のかなりいい勝負に。

ドミニオンは面白いんだけど、プレイヤーのレベルが同程度でないと簡単に差が開いてしまうのが難点。プレイするまでの敷居は低いけど、ゲームを面白く遊ぶまでの一定水準に達するための敷居がちょっと高い、みたいな感じ。インタラクション性も薄いから、参加しているだけで楽しいということもないだろうし、人を選ぶゲームだと思う。
2009/01/19(月) 06:12:31 | ボードゲーム | TB:0 Comment:0  [ edit ]

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。