つりとがる
FFXI引退後のマイペースゲーマー日記。現在XBOX360とボードゲームにご執心。
201709<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | TB(-) Comment(-)  [ edit ]
ラスレム1周目クリア感想
ラスト レムナントラスト レムナント、ギルドアドベンチャーやレアモン捜索でかなり時間を食い、攻略本発売後は2周目の育成方針を考えたりとスローペースになったりもしたけど、発売から約1ヵ月半にしてクリア。

いやぁ、長かった。プレイ時間が表示されていたら大変なことになってたかもしれない。色々問題部分もあるゲームだけど、これだけハマった上、すぐに2周目をやる気になるくらい自分的には好きです。あまり人にはオススメできないけど。

それでは、ひと段落ついたところでの感想を(ネタバレ含)。
[ストーリー]

お世辞にも良いとは言えない。王道ではあるけれど、ストーリーに期待をしていた人には肩透かしだったのではないかと思う。良く言えば想像の余地が多い。悪く言えば説明不足。

寄り道要素が大量にあるため、メインストーリーを忘れてしまいそうになることも多く、ゲームシステムとの噛み合いが悪い。ただ、忘れた頃にやって来た終盤のベタベタに熱い展開は個人的に好き。

寄り道せずにメインストーリーだけを追っていたら、唐突な上に駆け足であまり面白くないかも。多分メインだけ抽出したらかなり短い。

[システム]

実験的であり挑戦的、そして不親切。アンサガを経験して耐性ができているからか、自分は大丈夫だったけど、スクエニの新作・大作RPGと期待してプレイした人で、途中で投げた人もいるかもしれない。それくらいクセが強い。

納期を守るため、直前で仕様変更されたのではないかと思う部分も。特に装備関連は、本来自由に変更できたのではないかと思えるくらい。ラッシュが装備できず、仲間からも要求されないのに生産できるアイテムが大量にあったり、盾を持たないアスラム兵が「盾の技術」というユニークパラメータを持っていたり。

状況に応じて組み替えることのあるユニオン編成の保存、膨大な数のアイテムの種別ごとの表示などは付けて欲しかった。あと、ロード中に表示されるTIPSを、ゲーム中に自由に見られるようにしておくとか。

[戦闘]

ユニオン編成と陣形、リーダーによってコマンドの傾向を決定することはできるが、詳細は運任せ。ままならない戦闘であるからこそ、狙い通りの戦況となったり、逆転した時にはガッツポーズを取ってしまうくらいの爽快感があるが、人を選ぶ。このカタルシスを楽しめるかどうかが、このゲームを楽しめるかの分かれ目になると思う。まぁ、通常攻撃・リカバー・待機は基本コマンドとしていつでも選択できて、指揮コマンドを別途5種選べるような作りだったらなお良かったと思うけど。

演出は地味め。自軍最大18人+1体(召還レムナント)、敵最大7ユニオン(1ユニオン1~5体のユニット)が順次行動するので1ターンが長くなってしまうため、アーツの演出が短く地味なものになるのは仕方ないが、モーションの使い回しが多く、見た目的にあまり格好良くないのが残念。たまにある派手なアーツも、処理落ちを起こす原因となるので嬉しくない。

ユニオン単位で行動するとはいえ、ユニットごとに順次アクションを起こしていくため、チーム戦をしているという感じはあるが、あまり乱戦をしている感じではない。コマンド入力時のように全員同時にガチャガチャ戦ってる感じで進めば乱戦らしく、スピーディな戦闘になったんだろうけど、それだと見た目が地味過ぎるし、落としどころが難しかったんだろうなと。

[育成]

サガシリーズの場合、キャラクター個人のパラメータが基準となって強い敵を相手にするほど能力値が上昇していたけど、ラスレムの場合はバトルランク(BR)が基準となっているため、BRが高いとパラメータが低いキャラクターはなかなか成長しない。終盤から使えるようになるキャラクターはパラメータ初期値が高いとはいえ、BRが上がっている状態だと気長に育成しないとなかなか成長しないのは辛いところ。

パラメータ成長を重視する場合はBRの上昇を抑えて進めればいいんだけど、それはそれで寂しい。戦闘メインのゲームだから、戦いたくなるのが性ってもの。寄り道しまくったのと重なり、BRの割にキャラが成長していないにも関わらず、リンクさせまくってギリギリの戦闘を楽しんだのも良い思い出。

[キャラクター]

後ほど別エントリーにて。

[ロード時間など]

とにかく長い。最初からHDDにインストールしていたにも関わらず、ロストオデッセイ(非インストール)以来に長いと感じた。戦闘とエリア切り替え、共に頻繁に入るものなのでストレスは高め。非インストール状態でのプレイを試す気にもならないくらい。

そして、ロード時間が長いにもかかわらず、テクスチャの貼り遅れが頻繁に発生する。モデルによってはかなり無残。リアルタイムレンダによるイベントシーンでも同様に発生するため、短いカットシーンではキャラクターにテクスチャが張られた瞬間画面が切り替わってしまうこともあり、悲しいものがある。

色々事情はあるだろうが、プリレンダムービーばかり作っている間に周りと差が開いてしまったんだなぁと感じた。

[総評]

人を選ぶゲーム。不親切な部分も多いが、それが面白さに繋がっている部分もあるので、一概に「不親切だからダメ」とは言い切れない。個人的にはとても面白かった。

自分で試行錯誤し、システムを理解する面白さがあるため、最初から攻略本やwikiを見るタイプの人には合わないと思う。そういったタイプの人には、単なる作業プレイにしかならない。スクエニの新作・大作RPGということを理由に手を出した人の評価は著しく低いと思われる。

良い部分と悪い部分の混在、それを踏まえたうえで楽しめる人にとっては良作。素材としてはいいものを持っていると思うので、これで終わらずにシステムを煮詰めた続編を出して欲しい。
2009/01/09(金) 06:32:32 | XBOX360 | TB:0 Comment:0  [ edit ]
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Password:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gordz.blog1.fc2.com/tb.php/640-c901c5fc
この記事へのトラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。