つりとがる
FFXI引退後のマイペースゲーマー日記。現在XBOX360とボードゲームにご執心。
201705<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | TB(-) Comment(-)  [ edit ]
ラスレム攻略本
ラスト レムナント 公式コンプリートガイド (SE-MOOK)12/25に発売したラスト レムナント 公式コンプリートガイド、予想通りの膨大なデータ量で、分厚いことと相まって読むのも大変。自分の必要としていたデータにまず目を通し、次に全体を流し読み、それから必要な箇所に付箋を貼って活用開始、みたいな感じ。

この付箋を貼るというのがポイントなんですが、結構索引の検索性が悪い。データ量が多いため仕方ないと言えば仕方ないんだけど、アイテム・モンスター・クラス・アーツのみ記載されているため、用語関連など他のものは目次を利用する必要あり。面倒なので付箋を使ったと。正直チャプターごとに攻略本を切ってしまった方が使いやすいと思ったほど(一線を越えたらやっちゃうかも)。

不明だった点がある程度明らかになってるのは嬉しいけれど、想像していたよりも細かい情報ではなかったのが残念。アルティマニアや解体新書的に突っ込んだものを期待してたのに。ゲーム発売から1ヶ月という短い期間で発売しなくても良かったから、もっと頑張って欲しかったなぁと。公式なんだから。

とりあえず軽く読んだ感想。

[キャラクターデータ]

陣形特性や武器強化データ、習得アーツと、欲しかったものはほぼ揃っている。ただ、パーティトークによるキャラクター能力上昇の数値が違うっぽい(本来固定値じゃなくて%上昇)。あと、武器強化にもちょっと疑問。うちのトルガルはメインがグレモリー・ノクト、サブがハルファス・ノクトという状態で、攻略本記載の平均と物理の間の装備になってて、メインを持ち帰る気配もなく良く分からない。まぁ、2周目以降はパーティートークで狙った系統で育成するだろうから特に問題ないけど。

[パーティートーク]

仲間との会話が何を意味するか分かったのは良かった。学ぶアーツの種類に関係するかと思ったら、そんなことはなかったぜ! バトルに行きたがるのも、ただ武器強化が済んだからお披露目したいだけで、直後の戦闘でそのキャラ使っても成長ボーナスが付いたりはしないのね。

[ファイティングアーツ派生]

神速・無双の派生が武器によって決まることが分かった。キャラクターや陣形の敏捷が関わってくるのかと思ってた。ブロクターの武器はどの成長ルートでもパワー系なので、絶対高速ナブラを習得することがないと分かり涙目。斧使いだからナブラ習得すると思って優遇してたのに。

[陣形]

強化陣の発動条件は記載されているものの、強化レベルによってどれだけ違いが出るか、という記載はなし。どんな感じにステータス上昇するかしか書いてないので、ちょっと物足りない。

[モンスターデータ]

ドロップ・解体で得られるアイテム、ロックアップ数は役立つ。ステータス記載は一切なし。それだけバトルランクによる変化が細かいということか。同一バトルランクで比較した場合のA~F評価とかがあればよかったのに。

レアモンスターの出現条件がどれも「一定確率で出現する」なのに笑った。役に立たないw でも、マップのページに出現場所はしっかり記載されてるので、レアモン出現時の雑魚配置(出現種類が減る)が分かってれば、そんなに困ることもないと思う。その雑魚配置の変化についてしっかり書いておこうよ、とも思ったけど。

[マップデータ]

トレジャー・採取・レアモンスター出現場所・財宝の出現場所候補が記載されてるので役立つ。

読めば読むほど「2周目はこのように進めていこう」という考えが大きくなり、1周目が終わらない罠w 神に勝てません。ウェポンアーツに限って回避しまくられて涙目。そして調子よくダメージを与えている時にはハンドを出しまくられる。何度戦いを挑めばいいのだろう。大人しく2周目に保留するか迷い中。
2008/12/28(日) 11:01:34 | XBOX360 | TB:0 Comment:0  [ edit ]
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Password:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gordz.blog1.fc2.com/tb.php/636-0b889175
この記事へのトラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。