つりとがる
FFXI引退後のマイペースゲーマー日記。現在XBOX360とボードゲームにご執心。
201709<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | TB(-) Comment(-)  [ edit ]
ディシディる。
ディシディア ファイナルファンタジー(特典なし)ラスト レムナントで難関クエストをクリアするため超古代遺跡でキャラクター育成してたら、途中でフリーズ(敵の攻撃を受けて足が遅くなった状態でドア開けたら発生。再現するかどうか不明)。直前にセーブしてたので痛手はなかったものの、色々疲れたので一休み。

で、息抜きに『DISSIDIA FINAL FANTASY』に手を出してしまったわけで。

野村ファンタジーなので期待はしてなかったけど、何だか勢いで。まぁ、気になるタイトルではあったから問題なし。
[ファーストインプレッション]

説明書は流し読み。ゲーム内の至る所でSTARTボタンによるヘルプが出るので、それらに目を通すとこから始める。

用語が多くて分かりにくい!

遊んでみないと感覚が掴めないっぽいのでゲーム開始。チュートリアルから。SPだのPPだの何となく分かった。ゲームとしては、キャラが初期状態だとダッシュできないってのに唖然とした。プロモーションのような戦闘ができるのはレベルが上がってアビリティ増えてからなのね。

チュートリアル終了まででレベルアップすることもなく、ダッシュもできないまま。前途多難。

触れてみるまではサイキックフォース的なものを想像してた(タイトー買収してたし)けど、やってみるとパワーストーンに近い印象。ゲームのルールは把握できた。

ブレイブ:HP攻撃した際、相手に与えるダメージ。

ブレイブ攻撃:相手のブレイブを減少させ、その分自分のブレイブ上昇。

HP攻撃:現在の自ブレイブ分、相手のHPにダメージ。当てた後は自ブレイブ0に(徐々に回復)。これを使わないと相手を倒せない。

ブレイク:攻撃を受けブレイブが0以下になると発生。攻撃した側に大量のブレイブが入る。

というのが最初に押さえておくポイントか。どんなにブレイブを溜めてもHP攻撃を当てられなければ意味がないので、この性能が低いキャラは涙目だ。HP攻撃は食らわせた後に自分のブレイブが0になるため、直後に敵のブレイブ攻撃を食らうとブレイク→相手のブレイブが即死級になるというリスキーさ。結果相手をブレイクさせ、大幅に高めたブレイブで一撃死させる戦いになりがち。なんて大味。

対戦アクションゲームとして非常に荒削り。FFって名前が付いてなかったら売れないだろコレ、って思った。

その後、ストーリーモード本番開始。Iからやろうと思ったけど、一番難易度が高かったので、好きだったII(難易度2)をやることに。

チュートリアルでも感じていたが、テンポが悪い。マップで何かが出現したり消滅したりする時の動作がもっさりしてる。メディアインストール(これもかなり時間かかる)によりシーン切り替えは早くなっても、マップがだるい。さらに、キャラクターのアビリティや装備を変更するカスタマイズ画面を抜ける際に毎回オートセーブが入り、これまた時間がかかる。カスタマイズ画面は頻繁に開くものなので、結構ストレス溜まる。オプションを見たけどオートセーブをオフにはできない模様。嗚呼。

ストーリーも泣ける(悪い意味で)。何この腐女子向け展開。原作に愛着ある人は違和感あると思う。のばら(笑)。

確かに原作でもところどころ変な台詞を言ってたりもするし、こういったキャラ付けをするのも分からなくもない。"異説"であるが故に、原作の仲間達との関係性から生まれたキャラクター性が失われてしまっていることが違和感の原因なんだと思う。昔はキャラクター単品での個性は薄く、プレイヤーが想像する余地が多かったから。とりあえず、「これはコスモスがFFの世界の主人公たちの性格と能力を具現化した別人なんだ」と脳内スイッチを切り替えることに。でないとキツイ。

ネタ的にはフリオニールの「ゴクリ…」があったり、皇帝のやられ声が「ウボァー」な辺りは面白かった。

ストーリーをクリアして最終的にレベル19(経験値アップの日で)。一通り必要そうなアビリティが揃った感じ。対戦する前に一通りストーリーを進めろってバランスなのか。

続いてIX・IVとプレイ。頭の切り替えスイッチが戻らないように耐えながら終了。やっぱキャラ毎のHP攻撃性能差によって使いやすさが全然違う。

それにしてもストーリーがひどい。基本的にどのキャラも以下のような流れ。

素敵なサムシングを探しに行きましょう。
→カオス側のキャラ登場。「お前は腐ったミカンだ!」
→自キャラ、ウジウジする。
→コスモス登場。助言をくれます。
→自キャラ、ウジウジモードから復活!
→「俺は腐ったミカンなんかじゃない!」ボスを倒す。
→サムシングは僕の心の中にあったんだ!


もう笑うしかない。吹っ切れた。ストーリー?あんなの飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ。

逆に、この辺りで「ゲームとして楽しいんじゃね?」と思い始めた。アビリティが増えたことで行動の選択肢が増え、アクションゲームとして意外に楽しめるようになってきた。

レベルが上がって新しいアビリティが増えていくが、CP制限から全て付けることはできないので、キャラクター育成をしたくなる。ここにカレンダーという、日ごとに経験値やら金やらの取得にボーナスが入るシステムが加わることで、モチベーションが維持される。しかも、連続プレイ日数なんて項目があったりするのがまた上手い。アイテム収集といったやりこみ要素もある。

ソロプレイでは俺TUEEEEEEEEEE!をするだけのゲームになってしまうのは否めないが、元々期待をしていなかった反動か、結構面白い。

ゲーム開始時の敷居は高いけれど、興味があるなら手を出していいんじゃないかと思う。

なお、BGMに関しては最初アレンジが不安だったものの、概ね良好。微妙なアレンジだったり、原曲まんまのものもあるけど。

グラフィックは綺麗。キングダムハーツのチームが作ってるので、色調とか雰囲気は似てるけど、これくらいのポリゴンでの見せ方がとても上手い。でも、ムービー長すぎ。あ、ストーリーはオマケだったか。

かなり長くなっちゃったけど、プレイして最初の頃の感想はこんなところ。それからの感想はまた後日。
2008/12/25(木) 21:34:42 | PSP | TB:0 Comment:0  [ edit ]
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Password:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gordz.blog1.fc2.com/tb.php/635-f972bd06
この記事へのトラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。