つりとがる
FFXI引退後のマイペースゲーマー日記。現在XBOX360とボードゲームにご執心。
201707<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | TB(-) Comment(-)  [ edit ]
なんどめだ逆裁
なんどめだナウシカGW頃から通勤中に少しずつ進めてきた、『逆転裁判~蘇る逆転~』クリア。プレイした理由はもちろん、逆転裁判4の反動です。やっぱり逆転裁判1の完成度は高いですわ。

1作目ということもあり、人物つきつけやサイコ・ロックなどの要素がなく、今やると少々物足りない部分があるものの、シナリオ構成としてはかなり秀逸。


■第1話:はじめての逆転
チュートリアルかつ、キャラ立てをしっかりと行っている。逆転して勝利するだけでなく、シリーズにおける重要なテーマ、"発想の逆転"も語られる、極めて重要な話。

■第2話:逆転姉妹
師匠との別れ。第1話にてサポートしてくれる千尋の存在が大きいと思っていたら、ショッキングな展開に。ここからが本番。さらに、この事件が最終話の伏線にしっかりなっている。

■第3話:逆転のトノサマン
重い話の後の口直し、という感じにバランスを取る位置にあるシナリオ。"あの事件"との絡みはないが、第2話から登場したレギュラーの掘り下げも兼ねている。インパクトは最強。オバチャンvsミッチャン。

■第4話:逆転、そしてサヨナラ
GBA版最終話。最強の敵の登場、そして伏線回収。ここまでキャラクターを立ててきた結果が、この話に集約される。真宵の生かし方も非常に上手い。

もともと続編予定がなかったためか、シナリオ配分やキャラ立て、伏線の使い方がよく、今やっても色あせない良い作品。逆転裁判4から入った人には是非やって欲しいと思う。

■第5話:蘇る逆転
"カガク捜査"という新要素を入れてのDS版追加シナリオ。証拠や人間関係の多さから、難易度は高めか。エッセンスとしてのカガク捜査やポリゴンムービーの使い方はよかった。逆転裁判4のそれよりも、やらされている感は少なかった。展開に心苦しさを感じる部分もあるが、蛇足シナリオという印象も少なく、秀作。指紋検出で粉を吹き飛ばす際に、マイクに息を吹きかけなくても、指で擦るだけでできるのが通勤時のポイント。



やっぱり逆転裁判1は大きな存在だったなぁ、というのが今回やってみて思ったこと。GBA版で2~3回、DS版で2回やったけど、それでも面白い。続編前提で作られた感の強い逆転裁判4と比べると、その完成度は雲泥の差。

個人的にはシリーズ通して逆転裁判1が好み。2以降も確かに面白いんだけど、だんだん霊媒のウェイトが強くなっちゃうこともあり、1くらいのバランスが好きだなぁと。確かにゲームとしてはサイコ・ロックを絡めた2以降も好きなんだけど。

来週からはDS版逆転裁判2を開始予定。8月発売予定のDS版逆転裁判3までにクリアできればいいんで、通勤時にのんびりと進めますわ。

逆転裁判 蘇る逆転 Best Price!逆転裁判 蘇る逆転 Best Price!

カプコン 2006-06-15
売り上げランキング : 64
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
2007/06/02(土) 16:58:21 | ニンテンドーDS | TB:0 Comment:0  [ edit ]
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Password:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gordz.blog1.fc2.com/tb.php/538-1e300d88
この記事へのトラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。