つりとがる
FFXI引退後のマイペースゲーマー日記。現在XBOX360とボードゲームにご執心。
201704<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | TB(-) Comment(-)  [ edit ]
逆転裁判4・ネタバレ感想その2
今回はキャラクターとシステムについての感想。未クリアの人は続きを見ないでください。


■オドロキくん
主人公なんだけど影が薄い。周りに食われまくり。

第一話で成歩堂を殴った時には、成歩堂より単純バカの熱血野郎というキャラかと思ったんだけど、以降そう感じさせる部分が出てくるわけでもなく、ストーリー進行も他のキャラが目立っていたため、かなりビミョーな立ち位置に。おかげで『逆転裁判4』というよりも、『逆転裁判Destiny』という感じでしたわ。

成歩堂と違い、他キャラとの関係性が少ないのが痛かったのかも。みぬきとの血縁にしても、彼の知らない場所で明らかになるため、関わることもなかったし。次回作以降でキャラ立てしてくるんだろうけど、最初からそれができなかったのは痛い。劣化成歩堂で終わってしまってます。

「大丈夫!」と発声練習、サル顔くらいしか印象に残りませんでした。

■みぬき
法廷パートも探偵パートも出しゃばりすぎ。オドロキくんよりも、彼女の発言で話が進んでいた印象。あとはパンツ。

■牙琉検事
これまでの検事とは違って、終始いい人。真実を明らかにしようと動くため、立場は違えど最初から味方という感じ。おかげで法廷にスリルが無くなってしまった。

キャラの薄さも厳しい。クールなタイプだけど、表情が御剣のように崩れることもなく、汗をダラダラかくだけ。キメのエアギターもビミョー。鞭やコーヒーを持ち込めるくらいなんだから、常にギター持っててもよかったのに。で、ギターの弦が切れるとか、壊すとかのアクションがあればなぁ(性格上ギターを壊すことはないんだけど)。

兄弟入れ替わりネタがあるかと思えばそんなこともなく、ただの物分かりのいい検事で終わってしまった印象。

■成歩堂
『なるほどくん』ってよりは『成歩堂』だね。4の彼は。

前作主人公が出張らないように、ということで表舞台にはあまり出てこないものの、裏で活躍しすぎ。クリア後に思ったのは、彼の掌の上で踊らされてたなぁ、ということ。そのため、余計に今作の爽快感が薄れてしまった感じ。第一話で隣に立ってくれたときは嬉しかったんだけどね。

これだったら有名な弁護士として名を上げてて、星影先生みたいなポジションで登場してくれてた方がよかった。

■牙琉霧人
主人公の偉大な師匠は話の進行上退場してもらわなければならないので、第一話の展開は読めてましたが……ラスボスにしても小物でした。弟を勝たせるために成歩堂をハメた、という展開だった方がまだマシな気が。

勝てそうにないから捏造証拠を用意
→弁護士を降ろされた腹いせに成歩堂をハメる
→バレると怖いから関係者を監視し、殺す

ってなぁ。狩魔豪やちなみのような悪党と比べると、最終話を飾るには役者不足でした。

■茜
カガク捜査のために登場したようなだけという感じ。刑事として役に立ってるわけでもないし。成歩堂との関係性がありながら、話の中で特に語られることもなく、淡白。ストレス溜めるだけの反応しかしないのなら、助手として力を貸してくれた方がよかったなぁと。

■アルマジキ一家
マックス・ギャラクティカは?と思ってしまった。タチミ・サーカスが潰れてしまったのかと、ちょっと寂しい気持ちに。

■ザック
最終話で出てきた時には驚いた。ストーリー上最も罪深い人。彼のメチャクチャな行動が今作のストーリーの根底にあるため、全体的に変な話になってしまったという印象。

■テンサイ
7年前に一人の天才が死んだ、と成歩堂の口から聞いた時には、御剣が死んだのかと思ったけど、そういうことでしたか。御剣が死んで、成歩堂がハメられるといった巨悪の陰謀に期待していただけに、かなりガックリ。しかもただの自殺だったなんて。

■オバチャン
きっと公園のあの人だよね!


あまり書いてもシナリオに対する文句とかツッコミになるだけなので、この辺で終了。全体的にキャラが弱いため、これまで勢いで流せていた部分に目がつき、結果的に楽しめなくなってしまった気がします。



続いて、システムの話。

■みぬく
システムとしては面白いけど、テンポの悪さの原因にも。みぬく面白さよりも、作業感の方が強かった。強化ゆさぶり、といった印象のシステムなので、サイコロックのなかった1のように、思い切ってカットしてしまっても良かった気が。

■カガク捜査
生かし方次第なんだろうけど、これまた作業感が強かった。蘇る逆転の時のような、遊び要素もなかったし。

■つきつける
人物つきつけが無くなってしまったのに驚いた。残念。

■裁判員制度
公式ブログで語られてた、"●●●●●"と思われる。取ってつけたような印象。今後が心配。

■ムービー
意外と綺麗で、ギターが燃えた後の細かい部分には笑ったけど、このために容量を使うのなら、もう1話欲しかった。

■BGM
音質はよくなってるけど、印象的な曲がなかった。


これまでのシリーズでほとんど完成してしまっているため、新要素追加が難しく、試行錯誤するのは仕方ないかと。せめてストーリー面でカバーできればよかったのに、と思います。



前作で三部作が完結し、もともと続編の予定が無かっただけに、無理に続編を作って評価が落ちるのは仕方なし。せめて続編で名誉挽回してくれることに期待してます。
2007/04/18(水) 20:37:06 | ニンテンドーDS | TB:0 Comment:2  [ edit ]
コメント
from 通りすがり
EDでのまことの絵はマックスっぽいんですがどうでしょう
トランプの絵柄飛んでますし
2007/04/20(金) 20:04:10 | | #I9hX1OkI [ edit ]
from ごる
>通りすがりさん
それは全く気付きませんでした。
見てみようかとロードしてみたら、
最終セーブがメイスンシステム開始時で脱力orz
2007/04/27(金) 21:46:03 | | #TLHf/MYc [ edit ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Password:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gordz.blog1.fc2.com/tb.php/509-9c06932b
この記事へのトラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。