つりとがる
FFXI引退後のマイペースゲーマー日記。現在XBOX360とボードゲームにご執心。
201704<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | TB(-) Comment(-)  [ edit ]
逆転裁判4・ネタバレ感想その1
昨晩クリアしました、逆転裁判4。思いっきりネタバレした感想なので、未クリアの人はリンク先を見ないように。
釈然としねぇ!

かなりガックリ。第1~2話が終わった時点では様子見という感じで、先の展開に期待してたけど、そのまま盛り上がりに欠けて終わっちゃったという感じ。

■第1話
振り返ってみれば、この時が一番幸せだったのかもしれない。

新人弁護士が、裁判の中で学びながら逆転する、という流れは普通によかった。初めてシリーズに触れる人にとっていい出来だと思うし、それを踏まえた経験者から見ても、無難な話かと。

ただ、成歩堂の失脚はハメられたのだと信じているだけに、彼が捏造証拠を渡してきたのは納得がいかない(本人が言ってるだけで、本当に捏造なのかは語られていないが)。

■第2話
新システム、「みぬく」「カガク捜査」に慣れる話。本筋が始まるまでのダラダラ感や、新システムのテンポの悪さで作業感が強い。それを吹き飛ばすくらいのストーリーやキャラクターの面白さがあればいいが、そんなこともない。犯人が目的のために恋人を陥れる、という話は逆転裁判3でもあるため、劣化シナリオに思えてしまうのも難点。一番逆転裁判っぽい話。パンツ。

公園に入ろうとしていたおばさんは、オバチャンだったのかが一番気になる。500円もらうと大人しくなってたし。

■第3話
証拠品が多く、詳細を多様するため、今作で一番難易度が高いと思われる。成歩堂不在のため、ここにきてオドロキくんがやっと前に出てきた印象。でも、トリック面というか、犯行そのものに不可解な部分が多い。それでいて容疑者も潔白ではなく、殺人に関しては無罪であるが、別の犯罪を犯しているため、モヤモヤ感が残る。

■第4話
最終話。これまでの話が1つに繋がる話。この話のために伏線を張ってきたんだろうけど、無理のありすぎるまとめ方。さらに、後半は勝手に進んでいくストーリーを見ているだけな上、未消化な謎も多いまま。明らかに続編を意識した終わり方で、プレイ後の爽快感がなかった。

あと、裁判員制度は、時代の流れや、上からのお達しで入れざるをえなかったとはいえ、かつて御剣が語った、給食費事件の話を真っ向否定するような内容には泣けた。

■ストーリー全体を見て
続編前提ですね、という感じ。1本の作品としては完成していない。これまでは続編に使えるネタを残しながらも、1本1本の作品としてまとまっていただけに残念。

悪い意味でのキャラクターゲーム。ストーリーが重視されるのはいいけど、核である法廷バトルの部分が弱くなってしまっている。牙琉検事が基本的にいい人で、真実を求めるタイプの検事であるため、結構物分りがよく、そこまで追い詰められることもない。そのためにギリギリの状況からの逆転、という爽快感がなくなってしまっている。

だからって、ストーリー面がよかったとも言えない。特に、1つにまとめたせいで第1話などメチャクチャだし。笑えないツッコミどころが多いというか。

ザックがイカサマサカイを瓶で殴るって、人格的にヤバイ。やらかした相手が知人で、そんな状況だというのに救急車を呼ばず警察に通報する成歩堂も人としてどうかと。ロケットも首を絞めているように見えるように奪ってるし。

第2話は最終話に絡まない分マシ。屋台の硝煙反応調べれば立証は簡単だろうと思ったけど。

第3話は意味不明なことだらけ。発火装置付けるなら、その時にマユ取り出せよ。レタス犯人があの位置に来て銃を奪い、声をあげて撃つ時まで気付かない上、2射目を撃たれても犯人が分からず、衝立で視認できない位置のラミロアを目撃者だと情報残すし。ラミロアの移動にしろ、替え玉使うなら本来不要だし、話を作る上での無理矢理感が強い。

ここまで振り返って、この作品に対する違和感がはっきりしました。

突発的な犯行のくせに、計画的犯行のように用意周到。

ということ。犯行が行われた状況は以下の通り。

・第1話……ザックが暴行し、成歩堂が電話しに行ったから。
・第2話……犯人が目を覚ましたのが、屋台の中だったから。
・第3話……当日、密輸がばれて逃げられないと悟ったから。

第4話は別だけど、これも発動は偶然。まぁ、推理ものに都合のいい偶然が起きるのは仕方ないので、その点は問題なし。でも、偶然に頼りすぎてる気もしなくもない。そして、そこにゲームとして謎を解くためのトリックを仕込むわけだから、おかしいことになると。やはりストーリー上の問題が今作は大きいね。マトモに計画的犯行を暴く話がなかったのが不思議。

そんなわけで、この先のシリーズがとても不安になる新しいスタート、といった作品でした。未消化ネタのために多分続編出たらまたやるんだろうけど、釈然としない。今作の問題点を生かして続編を作って欲しいですわ。

ただ、あくまでもこれはシリーズ経験者から見た感想なので、初体験の人がどんな感想持ったかが気になるところ。

キャラクターとかシステムに関する感想は、気が向いたら書きます。
2007/04/14(土) 16:18:02 | ニンテンドーDS | TB:0 Comment:0  [ edit ]
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Password:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gordz.blog1.fc2.com/tb.php/508-b9ac9f00
この記事へのトラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。