つりとがる
FFXI引退後のマイペースゲーマー日記。現在XBOX360とボードゲームにご執心。
201709<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | TB(-) Comment(-)  [ edit ]
ポケモンパールひと段落
ポケットモンスター パール(特典なし)火曜の夜にポケモンリーグ突破。殿堂入りしてスタッフロールを見て、ひと段落。FFVアドバンス発売に間に合ってよかった。

まぁ、殿堂入りしたと言っても、新エリア開放や、ポケトレによる旧作ポケモン集めなどなど、まだ遊ぶ余地は十二分にあります。ってか、やればやるほどポケモンというゲームのすごさを感じます。
■ストーリー性は希薄だけど

システム的には進化してきたポケモンシリーズですが、根本的な部分は何も変わっちゃいない。「旅をして、その地域に生息するポケモンたちと出会いながら、悪の秘密結社を倒してポケモンリーグの覇者になる」というのがメインストーリー。これ以上でもこれ以下でもない。基本はこれだけ。ストーリーなんてオマケ程度。ストーリー重視とか、映画的演出とか言ってる昨今のRPGとは逆の方向。まさにワンパターン。

でも、このワンパターンが悪いかといえばそうでもない。全体的に丁寧に作りこまれているため、さほど気になりません。もう「ポケモンの王道だし」で済んでしまいます。それに、ストーリー性が希薄だからこそ、新たなポケモンと出会い、集めていく部分のモチベーションが強まる気がします。この部分こそがポケモンのメインでもあるので、作りとしては正解かと。


■子供から大人まで楽しめる理由

実は、今回初めて本腰入れてポケモンをやるまで、子供向けだと甘く見ている部分がありました。ところが、実際やってみたら大間違い。ポケモン大好きな友人から話を聞いたり、攻略サイトを見ていると、システム的にかなり深い。ポケモン育成を極めようとしたら、かなりのやりこみ要素があります。固体値だとか努力値だとか、卵継承だなんて、突き詰めていったらキリがない。

こういったやりこみ要素がユーザーの選択肢を広げ、子供だけじゃなく大人もハマる原因なんだなぁと思ったり。

軽くやりたい人なら、好きなポケモンを育て、ポケモンリーグ制覇すればそれでよし。もう少しやり込みたかったら、図鑑をコンプリートしたり、全てのポケモンを集めればいい。さらにやり込む人は、最強のポケモンを育成したり、色違いポケモンを集めたり、歴代ポケモンをコンプリートしたりと、やれることは盛りだくさん(「モンスターボールしか使わない」という縛りプレイをする人もいる)。ライトユーザーからコアユーザーまで対応しているといった感じ。

丁寧な作りでとっつきやすく、誰にでもできる、やさしいRPGでありながら、奥を覗いてみるとものすごく深い。恐ろしい子です。


■やめられない止まらない

メインストーリー部分が希薄なだけに、脇道要素に惹かれまくります。地下通路、スロット、木の実育成、定期イベントキャラ、その他もろもろ。やれることが多すぎて、色々やってたら時間が足りませんホント。ハマった人が延々とやっているのも分かりますわ。


■行きはよいよい帰りは……

こうして楽しみながら進めてきたポケモンですが、やっているうちにだんだん欲が出てきます。これが恐ろしい。だって、歴代シリーズ持っていないと出てこないポケモンがいたりするもんだから。全国図鑑って、まさに今作からハマった人に旧作を買わせる魔性のアイテムですよ(イベント配布ポケモンは手に入らないけれど)。

俺も旧作買う気満々になっていました。友人から「もう少し待った方がいいかも」と、ポケトレで旧作ポケモンがある程度入手可能なのを聞いたのと、全国図鑑になって早々とイーブイをゲットし、イーブイ進化シリーズを制覇したのに満足したので、一時保留してますが。

ただ、ポケトレを使って旧作ポケモンと出会えると言っても、出現率が低いため、サックリと旧作買って集めた方が早そうだという誘惑も頭から離れません。あー怖い。


■やさしいRPGであるがために

ハマると深いポケモンではありますが、システム的な難点はあります。それは、とっつきやすいが故の問題。

基本的に十字ボタンとABXYボタンだけで操作でき、難しいものはありません。誰でもできるように、という配慮からか、とても簡単。

しかし、簡単である=複雑な操作の排除、となっているためか、アイテム整理が手動でしかできなかったり、ページ移動ができなかったり(タッチパネルを回転させれば速くスクロールできるけど)という不便な点も。

タッチパネルを駆使することで不便さをクリアできる部分もあるにはあるけれど、メイン操作はあくまでもボタンのため、その都度持ち替えるというのが面倒。拡張機能としてでいいから、使わないRボタンとの組み合わせで便利な操作ができればよかったのに。インターフェース面で不便に感じるのはRPGとして痛い。

あと、戦闘のもっさり感も気になりました。アニメーションをオフにしても、ウェイトがかかっていて、あまり早くならない。天候や演出の長いアニメーションには効果があるけど、物理攻撃系の場合アニメーションも短いので、オフにしてもほとんど変わらないスピード。やはりライトユーザーを考えたスピードなんだろうけど、やり込めばやり込むほど繰り返す戦闘なだけに、ちと辛い。

でも、そんな文句を言いながらも楽しめてるんだから、ゲームとしての完成度は高いんだと思います。それに、まだまだ進化の余地があるってことで。


■で、Wi-Fiについて

近くに通信相手がいなくても、交換・対戦のできるWi-Fiですが、これが役に立ってるかといえば微妙な感じもしながら、やはり役に立ってるのかな、といったところ。

ともだちコードを使ったWi-Fi、これは便利です。近くに相手がいなくても、環境さえあれば交換できるんだから。ボイスチャットの性能もいいので電話的な使い方もできてあら便利。

そしてもう1つの機能、GTS(グローバル・トレード・システム)。条件を指定してポケモンを出しておけば、ともだちコードを交換していない相手とでもポケモン交換できるシステム。自分から条件検索をして、相手の希望するポケモンを持っていたら交換する、なんてこともできます。これが便利ではあるんですが、微妙。

GTSで自分が検索できるポケモンは、今まで出会ったポケモンのみ。ダイヤ・パールでそれぞれ野生で出現しないポケモンがいたり、サファリパークや釣り限定でしか手に入らない、捕まえるのが面倒なポケモンがいたりするので、そういったものを交換するのにはいいんですが、その先がない。ポケトレで出会える旧作ポケモンは、見つけたら大抵自力で捕まえるだろうし、ポケトレで出ないポケモンについては出会えていないため、交換指定することもできない。全国図鑑になってからは役に立たない印象。

それだけでなく、交換条件が合わないのも大きかったり。1体しか手に入らない伝説ポケモンを要求する人多すぎ。検索指定できるのは、相手の出してるポケモンだけで、条件から検索できないのが不便。無料であるWi-Fiの限界なのかもしれないから仕方ないけど。GTSはオマケ程度で、やはりともだちコードがメインってことか。GTS自体は面白い機能なだけに少々残念。


■なんだかんだと言いながら

結局のとこ、面白いですよ。ハマる人たちの気持ちもよくわかりました。コレクション要素のあるRPGでありながら、どうぶつの森のようなスローライフプレイも可能。やる人のペースに合わせて、色々な楽しみ方のできるゲーム。これまで子供向けと手を出していなかった人も、やってみる価値はあるんじゃないかと思います。


■評点

★★★★☆(4.5点/5点満点)
2006/10/12(木) 22:45:57 | ニンテンドーDS | TB:0 Comment:0  [ edit ]
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Password:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gordz.blog1.fc2.com/tb.php/456-6f23e5c2
この記事へのトラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。