つりとがる
FFXI引退後のマイペースゲーマー日記。現在XBOX360とボードゲームにご執心。
201710<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | TB(-) Comment(-)  [ edit ]
DDOのよいところ
正式サービス開始から2週間。
ボーナス無料期間を終えて感じたことでも。
今回のエントリーでは、よいところから。


■クエストをこなすことで経験値が入る

前回のエントリーでも書いたけど、このタイプが好きです。
ルーチンワークになりがちなレベル上げを繰り返すより、
進行と共にレベルが上がる方がいいのはオフゲーでも一緒。
(育成が第一目的のゲームはまた別だけどね)

基本はハック&スラッシュだけど、ある意味D&Dの醍醐味だし、
ダンジョン内で見つける宝箱には、
WizardryやDiabloをやってた時のようなワクワク感があります。


■パーティが組みやすい

募集内容に適合してたら、ガンガン飛び込め!

もう、遠慮することなく。習うより慣れろと。
最初の頃はコメントに「Tell不要」とあるかどうかで、
飛び込みやすさの感じ方に違いがあったけど、
Tell機能に不具合が生じていたことがプラスに働き、
募集レベルとクラスが合っていれば、気軽に入れる風潮に。
(Tellボタンを押した時入る「、」を削除しないとTellできない)

クラスに関しても、縛りは少なめ。
TRPG版で前衛、クレリック、ローグ、スペルユーザーの4人でやってて、

「6人いればクラスの自由度が上がって楽なのにね」

と言ってたくらいなので、基本6人のDDOは余裕です。
TRPGに比べて金も入りやすいんで、クレリックやローグがいなくても、
いざとなったら回復手段を用意してゴリ押し、なんてこともできるし。
逆に前衛なしでクエスト突破したことも。


■キャラメイクの自由度

まんまTRPGの28ポイントバイ作成なので、
能力値、スキル、特技など自由にカスタマイズ可能。
これによって、同種族・クラスでも個性が出ます。
さらに、レベルアップ時に他のクラスのレベルを上げることで、
マルチクラスとなり能力の幅を広げることも可能。
(しかもTRPG版での必要経験値上昇というデメリットもないっぽい)
加えて種族やクラスでの強化選択もあるので、
人それぞれの育成方針によって、様々なキャラが誕生することに。

「○○があるといい」はあるけれど、
「○○がないと使えない」ではないのがいい。


■装備ごとのグラフィック

同じ名前、パラメータの装備品でも、
ものによってグラフィックが違います(固定報酬除く)。

反映されるのは武器、盾、鎧、頭の4つだけど、
固定報酬装備でもなきゃ同じ装備に会ったこともないほど。
こういった形で個性が出るのもいいところ。


■短い時間でも遊べる

クエストの所要時間は1本30分くらい。
長編クエストは数時間かかるものもあるけれど、
数本が連続したものなので区切りあり。

時間が少ない時は短編に挑むもよし、
メンバー募集は大変になるけど、連続ものを少しずつ進めるもよし、
時間を用意して連続ものを一気に片付けるもよし。

時間がかかることを前提とした募集でもなければ、
クエスト1本参加して抜ける、というのも全然問題なし。
気軽に楽しめます。MOスタイルのいいところか。



以上、DDOのよいところ。
次回は悪いところを。
2006/08/24(木) 01:06:41 | DDO | TB:0 Comment:0  [ edit ]
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Password:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gordz.blog1.fc2.com/tb.php/438-39bab2d0
この記事へのトラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。