つりとがる
FFXI引退後のマイペースゲーマー日記。現在XBOX360とボードゲームにご執心。
201708<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | TB(-) Comment(-)  [ edit ]
スキッドトライアル
LSメンに寿司ネタ提供するため、タイガーコッドと風クリを1D用意して、クフィムでイカ釣りしてきました。相変わらず釣り人は多いけれども、みんなリンクパールを付けているのが何だか嬉しかったり。初めて白夜も拝みました。

NM!

周りが皆太公望で釣っている中、一人だけ複合竿というちょっぴり恥ずかしい感じでしたが、バージョンアップ前に比べて釣果はやはり上がっています。ゲージを0にするのは楽なので、竿の性能で逃しまくっているのが悲しいところ。

ヒラメとの格闘が難しいという話も聞きますが、個人的にはかなり楽です。それもバージョンアップ直後に釣っていたのが大暴れするブレードフィッシュだったということもあるかもしれません。肉ダンゴ半ダース分格闘を続けていたので、自分なりのやり方を見つけて慣れてしまったというか。

そこで、専らテンキーでやっていた釣り格闘をスティックに切り替え、コツを研究したりも。
スティックで釣る場合ですが、入力方法、これが肝心です。

スティック入力の場合、一番ネックになるのがニュートラルに戻すタイムラグ。それをカバーするためには、レバーを普通に倒すのではなく、ちょこっと倒す。これがポイント。

普段だったら歩くくらいの浅い入力。右スティックを動かして、カメラが動き出す程度の浅さで十分です。その感覚を忘れずに。そうすればニュートラルにもすぐ戻せるのでかなり楽になります。力加減が面倒なので、結局のところテンキーの方がいいんですが、PS2でコントローラー派の人はご参考までに。

あと、大物とモンスターの判別方法もわかりました。ログでは「!!!」と同じなんですが、ゲージの減るスピードでうまく判別できなかった場合、そのままギリギリまで減らして起きます。そうしたら入力せずにゲージを様子見。モンスターなら入力せずともゲージが減り、獲物なら回復します。それを見極めたところでリリースor勝負をかけると。

獲物のキャップにスキルが到達していないという条件下でのものですが、迷った時にはお試しあれ。俺の場合、これでクフィム釣りの途中から全然モンスターを釣らなくなりました。

寿司ネタが釣れるわ、シルバーリングもよくかかるわ、エレも沸くわ、「疲れ」はデルクフでエリアチェンジすれば解消できるわと、クフィム釣りはなかなか環境が揃っていていい感じ。あとは太公望だな(´・ω・`)
2005/02/26(土) 02:33:27 | FFXI - 釣り | TB:0 Comment:2  [ edit ]
コメント
■よろしくおねがいいたします。 from ひでぶ
ガルLs@ ひでぶ
おはつでございます。
この前は、突然お声をかけてビックリさせてすみませんでした。
何時も楽しくblogを拝見させて頂いてましたので、何時か出会えないかなぁ~と思っておりましたので^^;
新釣り面白すぎて、前にも増してどっぷり嵌っております。自分は連射派なので、竿が揺れるのを見て、だぁぁぁとテンキーを押してます。
今後とも宜しくお願いいたします。(’’/
PS:蹴鯖で唯一のガルLsで活動しております。興味がおありでしたらパールをお渡ししますので、一度覗きにきてみてください。掛け持ち勿論OKです。(=*´▽`*=)
2005/03/01(火) 03:12:33 | | #iMK0FLrs [ edit ]
■こちらこそよろしくお願いします。 from ゴルド
先日はどうも^^
釣り格闘は俺も連射派ですね。
小刻みにタタタッってテンキーを押していた方が、誤入力で獲物の体力を回復させることも減りますし。
これからもLSメンのための寿司ネタ釣りのために度々お会いすると思いますんで、よろしくお願いしますm(_ _)m
ガルLs……【興味があります】w
ガルカダイスキ!(=´∇`=)
2005/03/01(火) 08:23:55 | | #TLHf/MYc [ edit ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Password:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gordz.blog1.fc2.com/tb.php/142-5a413675
この記事へのトラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。