つりとがる
FFXI引退後のマイペースゲーマー日記。現在XBOX360とボードゲームにご執心。
200812<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>200902
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | TB(-) Comment(-)  [ edit ]
どミニオン090118
ドミニオン昨日に引き続きドミニオンYUZさんに加えUnoも参戦しての3人プレイ。

2~4人でプレイ可能なドミニオンですが、個人的には3人プレイが好き。4人プレイはダウンタイムが長いと思うし、2人プレイは面白いんだけどあまりにもガチ過ぎて疲れる。ということで第三勢力にも気を配る必要のある3人プレイがちょうどいいと。

UnoもTCGをやる人間なせいか、カードコンボを主体としたデッキが大好き。年の市が存在する場の場合はコンボを繋げて強いものの、それ以外の場になると俺とYUZさん2人の勝負になってばかり。昨日の2人プレイで得るものも多かった俺とYUZさんに比べ、大きく差がついた模様。

YUZさんが途中で歯医者に行ったため、その間に色々アドバイス。ラスレムの話に脱線したりしながら子一時間、結局2人プレイはせず。しかし、その甲斐あってかYUZさん帰還後はUnoのプレイングも成長。三つ巴のかなりいい勝負に。

ドミニオンは面白いんだけど、プレイヤーのレベルが同程度でないと簡単に差が開いてしまうのが難点。プレイするまでの敷居は低いけど、ゲームを面白く遊ぶまでの一定水準に達するための敷居がちょっと高い、みたいな感じ。インタラクション性も薄いから、参加しているだけで楽しいということもないだろうし、人を選ぶゲームだと思う。
スポンサーサイト
2009/01/19(月) 06:12:31 | ボードゲーム | TB:0 Comment:0  [ edit ]
サシドミニオン090117
YUZさんから、週末にドミニオンで遊べないかという連絡が入り、土日どちらでも可と返事したら両日ドミることになったの巻。

土曜はサシでのガチバトル。ドミニオンを甚く気に入ったYUZさんは自分なりに研究したらしく、その成果を試してみたかったらしい。

これまでのアクションカードのコンボにばかり目が行ったプレイとは打って変わり、お金の重要さを意識した立ち回り。今まで理解されていなかった「最初の2手で村を取る選択はないと思う」というアドバイスも分かったとのこと。

王国カード構成はオールランダムで2~3戦でチェンジ。時には最適解を見つけながら、時には攻撃カードへの対策を練りながらのプレイ。お互いに今回のプレイで発見することも多く、後半はカードの引きが勝負を決めるくらいの接戦に(大抵そういう時は俺の引きが最悪だったりするw)。

YUZさん、本当のスタートラインに立ったことで俄然強くなりましたわ。ひとしきり遊んだ後に感想を言ったら喜んでました。どうやら通勤電車の中でまで研究していたらしい。すげぇハマり具合。

今回相当な回数遊んだことで、状況に応じた対処方法がかなり見えてきたり、試してみたかったデッキ構築を行って強さの確認と活用方法を認識したりと、それなりに成長できたのではないかと。対戦ツールとしての面白さ・熱さはかなりのものだなドミニオン。さすがに疲れた。
2009/01/18(日) 07:39:26 | ボードゲーム | TB:0 Comment:0  [ edit ]
自宅ボドゲ会090112
大学卒業以来ずっと会ってなかった、チームきりたんぽ(仮)のたくやとやっとこさ遊ぶ機会ができての自宅ボドゲ会。

メンツ:たくや、YUZさん、Uno、俺


事前にたくやと連絡を取り、お互い持っているボドゲを確認したうえで、やってみたいと言っていたアクアレットを最初にプレイ。「コロレットはやったことあるけど、だいぶ前だからルール忘れた」と言ってたけど、難しいルールではないので問題なし。さすがにボドゲ慣れしてることもあり、コツを掴むのも早い。

まずは華麗に勝利。

アクアレット

見よ、この素晴らしい水族館っぷり!

大好きな白熊を取れずに寂しかったものの、序盤のイルカ・アシカの調教ルートから順調にシャチに繋げ、土地をフルに使っての完勝。無駄な土地拡張はしないプレイスタイルなんだけど、ここまで綺麗な形になるとは想定外。なんて鴨川シーワールド状態。子供の頃何度も行ったのは伊達じゃない(違

以降は序盤から周りの厳しいマークに遭い、トップ争いに絡むも勝利はできず。前にもこういうことあったし、ある意味定番化してきてるかも。まぁ、仕方ない。
続きを読む>>
2009/01/13(火) 02:19:18 | ボードゲーム | TB:0 Comment:0  [ edit ]
どミニオン090111
明日自宅ボドゲ会を開催する予定を組んでたら、勢いでその前日にドミニオン会をやることになったの巻。

メンツ:YUZさん、Uno、俺



BGMは「ドミニオン=ど”ミニオン”」ということで『熱情の律動』。ヘェーラロロォールノォーノナーァオオォー。いい曲だ。

今回は、昨年プレイ時に遊んでいなかった、おすすめセットの相互作用と村の広場、そしてオールランダムでのプレイが中心。配置される王国カードの種類で勝利へのルートが色々変わってくるので面白い。その奥深さを感じながら、まだドミニオンの入り口に立ったばかりなのだなと実感する。

ドミニオンオンリーの日ということで、ただ勝利を目指すだけでなく、効果は知っているけど手を出していなかったアクションカードを使ってみたり。やはりテキストを読むだけと実際に使ってみるとでは別物で、結構目から鱗。

ひとしきりドミニオンを遊んだ後は、YUZさんが同人で出そうとしているドミニオンを基にしたゲームの試作プレイして色々意見言ったり。既にZombinionという親和性の高いパロディがあるので大変だとは思いますが、頑張ってください。
2009/01/12(月) 01:50:23 | ボードゲーム | TB:0 Comment:0  [ edit ]
ラスレムキャラ感想(1周目・ネタバレ含)
ラスト レムナント1周目クリア感想で省いた、キャラクターについての感想。タイトルにあるようにネタバレを含んでいるので、未クリアの人は見ない方が吉。

キャラ性能的なことやイベント的なことをごちゃ混ぜに、思うまま書いてる長文なので、興味のある方のみどうぞ。
続きを読む>>
2009/01/10(土) 01:50:43 | XBOX360 | TB:0 Comment:0  [ edit ]
ラスレム1周目クリア感想
ラスト レムナントラスト レムナント、ギルドアドベンチャーやレアモン捜索でかなり時間を食い、攻略本発売後は2周目の育成方針を考えたりとスローペースになったりもしたけど、発売から約1ヵ月半にしてクリア。

いやぁ、長かった。プレイ時間が表示されていたら大変なことになってたかもしれない。色々問題部分もあるゲームだけど、これだけハマった上、すぐに2周目をやる気になるくらい自分的には好きです。あまり人にはオススメできないけど。

それでは、ひと段落ついたところでの感想を(ネタバレ含)。
続きを読む>>
2009/01/09(金) 06:32:32 | XBOX360 | TB:0 Comment:0  [ edit ]
自宅ボドゲ会081229
昨年10月のエッセン国際ゲーム祭での登場から、ボドゲ界で話題のドミニオン。メビウスのクリスマス入荷でゲット。27日の自宅ボドゲ会では初心者が多い都合で出さなかったけど、年が明ける前にプレイしときたかったので、またボドゲ会開催。

メンツ:YUZさん、Uno、はちみつれもん、俺


ドミニオン

カードデッキを構築しながらプレイするという、何とも斬新なゲーム。

手札を利用してカードを購入し、自分のデッキを充実させながらプレイしていき、ゲーム終了時にデッキ内にある得点カードの合計点で勝利を決めるというもの。しかしこの得点カード、プレイ中は何も効果を持たず、デッキを圧迫するだけの邪魔な存在。役立つのは様々な効果を持ったアクションカードや、カード購入に使える財宝カードだけど、これらは得点にならない。その辺を上手く調整しながらデッキ構築をし、勝利を狙うのが奥深い。

デッキ構築の面白さ、狙ったようにデッキが回りってアクションカードのコンボを決める爽快感、限られた枚数しかないカードや得点カードを獲得するタイミングの駆け引き、これは面白い。

さらに、プレイに使うアクションカードは25種類中から10種類のため、セット次第で違った展開が生まれ、全然底が見えない。何度も何度も遊んでしまう魅力がある。特に今回呼んだ面子はカードゲーマーなこともあり、大ハマリ。このゲームだけで一日終わってしまったほど。

今回遊んだのは、ルールブックのおすすめセットから、ファーストゲーム、変遷、大量の金。同じセットでも色々なパターンでの戦い方を試してみたくなってしいうため、相互作用・村の広場は遊べず。この先何度も何度も遊ぶことになりそう。

でも、これだけ面白いドミニオンなのに、何かモヤモヤ感があるのも確かで。「面白いゲームなんだけど、楽しいゲームか?」というような。楽しさはあるにはあるんだけど、自分の中で完結してしまっているような気がする。対戦の熱さ・面白さがそれを十二分にカバーしてしているからモヤモヤするんだろう。

あとは、

・手番が早い方が有利。
・一度差が開き始めたら挽回しにくい。
・負け確定のプレイヤーが簡単にゲーム終了へ持っていける。

という部分をちょっと残念だと思ったり、アメゲーらしいなと思ったり。
2009/01/05(月) 19:39:49 | ボードゲーム | TB:0 Comment:0  [ edit ]
昨年末のラスレム
ラスト レムナント、2008年最終週に神と呼ばれし者を撃破。年内クリアはできずとも、打倒・神は果たせて良かった。

クエストが始まった頃のBRは100越え。寄り道してバトルしまくってたからなぁ。おかげで神がより強い状態となり、泣く泣く超古代遺跡で修行。BR110になったところでリベンジ。

全体的にHPが低く、多数ユニオンではターン終了時の全体攻撃で即ジリ貧になってしまうため、2ユニオン編成に。

1stユニオン:イリーナ、回復アイテム要員×4
2ndユニオン:ラッシュ、トルガル、ボルソン、エミー、イェーガー

初期配置で2ndユニオンがロックされることから、回復ユニオンを1stに。ユニークアーツ&ウェポンアーツの火力に期待して2ndユニオンが頑張る方針。2ndユニオンのHPは5000ちょっと。陣形はVチャンス。

HPが多くなった分耐えられるターンは長くなったけど、相変わらず負けまくり。というのも、神が高火力の攻撃に限ってやたらと避ける。神威突なんて何度避けられたことか。HPが赤点滅になるまで削り、押し切りたいところで痛恨のDodge。まるで中の人がいるかのような展開。

勝機の見えるパターンとしては、

1~4ターン:ウェポンアーツを狙いつつ攻撃。
5~6ターン:シポウルスポールで状態異常。ユニークアーツ&通常攻撃。
7ターン:溜まったAPでウェポンアーツ。

といったところ。先頭に配置しているボルソンとトルガルが堅いので、KO効果を持ったハンドを連発されなければ反撃はあまり怖くない。全体攻撃でうまいこと自ユニオンのHPを調整し、5~6ターンのどちらかでユニークアーツを出す感じ(1stユニオンは回復でバックアップし、5ターン目くらいで死んだら放置)。

……まぁ、最も重要だったのは7ターン目のウェポンアーツを避けられないかどうかだったんですが。

調子よく始まるとハンドを連発される。
調子よく始まるとウェポンアーツを避けられる。

といったジンクスから開放されるまでが長かったです。

最終的には7~8ターンにメディカルヒールで回復しながらウェポンアーツ連発で勝利。ボルソンさんの神威突に惚れました。2周目はキャラ育成をもっと考えて、もう少し楽に勝ちたいですわ。
2009/01/05(月) 18:05:08 | XBOX360 | TB:0 Comment:0  [ edit ]

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。