つりとがる
FFXI引退後のマイペースゲーマー日記。現在XBOX360とボードゲームにご執心。
200803<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>200805
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | TB(-) Comment(-)  [ edit ]
ロストオデッセイを終えて
先月の戦利品

先月の戦利品。近所の店でロストオデッセイアサシンクリードが中古でそれぞれ\3,280&\3,980と安かったので、BIOSHOCKが終わったらやろうと購入しておいたもの。

で、約1ヶ月でロストオデッセイをクリアしたのでした。

ロスオデは、発売前はすぐ買う予定であったものの、ファミ通Xbox360のインタビューでの「ゲーム20時間、ムービー20時間」みたいな発言に「工工エェ(´Д`)ェエ工工」、となって結局買ってなかったんですわ。発売当初にニコニコ動画に上がっていた序盤のプレイ動画を見ても体験版との違いがあまり見えず、「音楽はいいけど、テンポ悪くてビミョー」という感想で購入見送り決定という結果に。

それでも気にはなっていたのは確かで、近所で見つけなかったらAmazonで安くなってた(現在30%off、当時は40%off)のを購入するつもりでした。

そしてプレイ感想。プレイ時間は70時間くらい。クリアした時のレベルは一番高いキャラでLv70、実績1000フルコンプ、といった具合。実績狙わなければLv50で4~50時間といったところかも(ゲーム20時間、ムービー20時間計算でほぼ合ってる)。
続きを読む>>
スポンサーサイト
2008/04/25(金) 10:43:46 | XBOX360 | TB:0 Comment:0  [ edit ]
モンスターハンティンググリップ
モンスターハンティンググリップ(AA)

PSPはアナログパッドが左下端に付いているため、背面にグリップ上の膨らみのある旧型PSPならまだしも、新型PSPだとホールド感が悪くかなり使いづらい。そんなわけでダメもとで購入してみたモンスターハンティンググリップ。今回はその使用感を書こうかと。
続きを読む>>
2008/04/08(火) 12:52:55 | PSP | TB:0 Comment:4  [ edit ]
あやつり人形(プレイ人数:2~7人)
Ohne Furcht und Adel, via. BoardGameGeek

マイフェイバリットゲーム、あやつり人形。

安い!
熱い!!
面白い!!!


と3拍子揃ったステキゲーム。ルールはこの辺で。

キャラクターカードは大まかに2系統。自分の手番を有利に運べるものと、他プレイヤーを妨害できるもの。他のプレイヤーが選んだカードを読み、自分の選んだカードを読まれないようにしながら建物を建設していき、誰かが8つ建物を建設したターンでゲーム終了。最終的な建物の合計価値が最も高い人が勝利。

いかに読み、いかに読まれないか、その駆け引きが熱い。目先の欲に囚われたら妨害を受けやすいし、だからといって裏をかこうとしたらその裏を読まれてるかもしれないからさらに裏を……なんて試行錯誤しながら、読みを当てたときの爽快感は最高。

キャラクターの能力と、特殊な建物の効果を理解するまでの敷居があるけど、それを越えてしまえばとても面白い駆け引きが待っているので、簡単に、とは言えないけれど、是非ルールを覚えて遊んで欲しいゲームでもある。

自宅での4人プレイは、さんざん他のゲームで遊んだ後にプレイしたため、周りの疲れもあってか勝利をいただき。今度は元気な時に再戦願いたいところ。

しかし、あやつり人形が最も面白いのは6人プレイだと思うのが本当のところ。ターン中に発動する能力が増える上、誰かがそれを食らう可能性も広がるので派手な展開になりやすく、盛り上がり度もアップ(7人でも同様の盛り上がりはあるけど、ハズレ率が絶妙な6人プレイが自分の中ではベスト)。これもまたある程度の人数揃えて遊びたいゲームですわ。
2008/04/05(土) 12:48:40 | ボードゲーム | TB:0 Comment:0  [ edit ]
サンファン(プレイ人数:2~4人)
San Juan, via. BoardGameGeek

面白いけど時間のかかるボードゲーム、プエルトリコを、カードにして軽く簡略化したゲーム。メビウスの売れ筋に入っているのと、手軽な値段を理由に購入したもの。

昨年のうちに購入していたものの、やる機会がなくて今回初プレイ。プエルトリコが面白いので軽くあのテイストで遊べるのは嬉しいよね、という感じでやってみた。

ルールについてはボードゲームを始めようインストを参照。

役割を回しながら誰かが12個建物を建設したらゲーム終了。総合勝利ポイントが最も多い人が勝利。

手札は建物カードであり、資金でもある。建物建設時は必要コスト分手札を捨てなければならないため、以下に手札を増やす手段を得るかが最重要。手札を得る役割を選択すればいいのだが、それでは他のプレイヤーと差が開きにくい。そこで役立つのが特殊能力を持った紫色の建物カード。これを有効活用することがサンファンのキモなのだと思う。自宅プレイ時に唯一の経験者であったKが、紫カードで有用なコンボを決め、かなりいい感じに手札を得ていた。
続きを読む>>
2008/04/05(土) 12:35:17 | ボードゲーム | TB:0 Comment:0  [ edit ]
シャドウハンターズ(プレイ人数:4~8人)
Shadow Hunters, via. BoardGameGeek

他プレイヤーの正体を探りながら自らの勝利条件を目指し戦う、推理型チームサバイバル。そして、最近俺の中で最も熱いボードゲーム(大学時代『超人ロック』にハマってた時期があったからかも)。

ネット界隈の人には『殴り合う人狼』と言った方がイメージしやすい(?)かもしれない。ロデムさん等にはその説明で遊んでもらった口。

ルールに関しては公式サイトの『チュートリアル』で。Flashで実際のゲーム画面を交えながらの説明になっていて分かりやすいかと。

陣営はシャドウ・ハンター・ニュートラルとなっており、

シャドウ:ハンターの全滅
ハンター:シャドウの全滅
ニュートラル:特殊(最後まで生存、最初に死ぬ、など個別)

というのがそれぞれの勝利条件(条件を満たせば自分のキャラクターが死んでいても勝利)。

自らの正体を隠しつつ、助けとなるおババカードや他のプレイヤーの行動から推理しながら、倒すべき相手と協力するべき相手を見極めプレイすることに。

4面ダイスの読み方さえ理解すれば、あとは簡単ルールなので(思考停止さえしていなければ)かなり盛り上がるゲームです。
続きを読む>>
2008/04/05(土) 10:42:10 | ボードゲーム | TB:0 Comment:0  [ edit ]
コロッサルアリーナ(プレイ人数:2~5人)
COLOSSAL ARENA, via. BoardGameGeek

8体のモンスターの繰り広げるバトルロイヤルに、パトロンとなったプレイヤーたちが干渉し、自らの応援するモンスターを勝利させるゲーム。

ルールは簡単で、高円寺0分moon Gamerに載っているのを見るのが早いです、と手抜きをしておく。

このゲームのキモとしては、

・脱落モンスターは、全生存モンスターのパワーカードが出揃ったプレイヤーの手番の最後に決定される。
・パワーカードの目が最低なモンスターが複数いた場合、ラウンドは終了せず、最下位が出るまで続行される。
・パワーカードは上書きできる。
・パワーカードは各モンスター0~10の1枚ずつ存在しない。
・山札が尽きた時点で終了(残っているモンスターは全て生存)。

といったところかと。

序盤から強いカードを出してしまえば上書きされる可能性が高いし、後半戦を生き残ることも難しくなる。そしてモンスターの特殊能力は強力なものの、パワーカードの全体数が決まっているため無駄遣いができない。その辺を読み合いながらカードをプレイしていくのが楽しい。
続きを読む>>
2008/04/05(土) 10:13:37 | ボードゲーム | TB:0 Comment:0  [ edit ]
王への請願(プレイ人数:2~5人)
UM KRONE UND KRAGEN, via. BoardGameGeek

貴方にはダイス3個分の力がある。
その力で城下の人々を味方にし、国王を口説き落とすのだ。


といった感じの内容。

基本的には以下のような流れ。

---------------

1.ダイスを振る。

2.出目のうち最低1つをキープする。
(他のダイスは"アクティブなダイス"となる)

3.アクティブなダイスを振り直す。

4.2~3を、全てのダイスがキープされるまで繰り返す。

5.キープしたダイスで完成した役で、城下の人々を口説き、力を得る。

口説き落とした城下の人々は力を貸してくれるようになり(手札になり)、自分の手番に適当なタイミングで発動することで、ダイス数を追加したり、ダイス目をコントロールできるようになる。

これを上手く活用し、ゾロ目7個揃えることができれば国王と王妃を口説き落とすことができる。

誰かが国王を口説き落としたターンが終了したら最終決戦。全員が持てる力を振り絞り、より多くのゾロ目を出した者が勝利者となる(ゾロ目数が同じだった場合は、目が大きい方が有利。国王を獲得したプレイヤーは最後に参加し、ゾロ目数が同じでも勝利)。

---------------

ダイス目次第の運ゲーかと思いきや、手札となった城下の人々の力である程度のコントロールが可能なため、どの手札を獲得していくかが重要だったりする。

とは言うものの、国王獲得条件がゾロ目7個であるため、ダイスを増やさないことには話にならない。必然的にダイス追加系の力を持った人々の獲得が最優先事項となり、運悪く役が揃わなかった際に、お情け程度に他のものを獲得する、といった状態になる。

そして、城下の人々の数はプレイヤー数より少ないため、もたもたしてもいられない。序盤で躓くとかなり痛い(というか、獲得条件緩くてダイス1個追加できる農夫を、4人プレイ時の最後の手番で取れなくされると泣くw)。
続きを読む>>
2008/04/05(土) 09:49:00 | ボードゲーム | TB:0 Comment:0  [ edit ]
ボードゲームの話
最近ボードゲームやりたい病です。多分昨年Xbox Live Arcadeでカタンが配信されたのをきっかけに再燃したのが一気に燃え上がった感じ。自制しないと勢いで新しいボードゲームを購入しようとしてしまうくらいヤバイ。

そんなわけで、学生時代に遊んでた友人を家に招いたり、興味ありそうな人に遊んでもらったりしているのですよ。最近mixiの方にも色々書いたので、こちらでも書こうかなと。
2008/04/05(土) 08:54:52 | ボードゲーム | TB:0 Comment:0  [ edit ]

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。